ものづくりマイスター制度

次の認定基準に該当する高度な技能を有する方を募集しています。

  • 1.技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方
  • 2.実務経験が15年以上ある方
  • 3.技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方
[申請資格]
  • 1.応募時に、第三者からものづくりマイスターにふさわしいとして推薦を受けられること
  • 2.認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること
[申請方法]

指定の申請用紙に必要事項を記入して、都道府県技能振興コーナーに提出して下さい。技能継承・後継者育成に意欲を持つ方々の申請をお待ちしています。

ものづくりマイスター認定申請関係書類 (PDF 592KB)

(1)1.ものづくりマイスターの認定およびものづくりマイスター指導技法講習について

ものづくりマイスターの認定(平成30年3月31日現在)188名

職種 造園 鋳造 金属熱処理 機械加工 鉄工 建築板金 工場板金
人数 14 1 329 2 1 9
職種 仕上げ 機械検査 機械保全 電子機器組立て 空気圧装置
組立て
油圧装置調整 ニット製品
製造
人数 6 9 10 1 2 1 1
職種 和裁 建具製作 プラスチック
成型
パン製造 菓子製造 酒造 建築大工
人数 9 5 9 2 12 2 7
職種 かわらぶき 左官 畳製作 配管 バルコニー
施工
ガラス施工
機械・プラント製図
人数 422 1 143
職種金属材料試験表装塗装広告美術
仕上げ
電気溶接
人数合計
人数152091
188

ものづくりマイスター指導技法講習会(平成29年実施)

実施日:(第1回)平成29年10月14日(土)13:30~16:30

  • 会場:やまと会議室2階会議室B 奈良市登大路町36番地 大和ビル2階
  • TEL:0742-95-6300
  • 奈良県職業能力開発協会

実施日:(第2回)平成30年2月24日(土)13:30~16:30

  • 会場:奈良商工会議所302会議室 奈良市登大路町36-2番地
  • TEL:0742-26-6222
  • 奈良県職業能力開発協会

ITマスター制度

次の認定基準に該当する高度な技能を有する方を募集しています。

  • 1.実務経験が7年以上ある方(情報技術に係る修士課程を修了している場合には実務経験5年以上で可)
  • 2. 以下の情報技術関連の資格のいずれかを有する方
     (1) 国家検定 情報処理技術者試験応用情報技術者試験合格者
     (2)国家検定 技能検定ウェブデザイン1級
     (3)上記(1)(2)に相当する資格を有する方(ITSS (※)のスキル習熟度レベル3~4に相当)
     (例:国家検定 情報処理技術者試験高度試験及び情報処理安全確保支援士試験合格者 等)
     (4)上記(1)~(3)の資格を有さない場合は、技能五輪全国大会又は若年者ものづくり競技大会のうち、IT マスター対象職種で
       優秀な成績を収めた方(銅賞以上の入賞者)
  • 3.技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方
    (※) ITSS スキル標準:経済産業省が定めている個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化し、IT人材に求められる
       スキルやキャリア(職業)を示した指標。
ITマスターが指導する対象分野は、以下の5職種です。
「ITマスターによる指導例
各段階に合った カリキュラムを コーディネートし講習等を実施します。

情報技術の基本を学びたい!

 ⇒ロボットを活用したプログラミングの概念、構造の理解

ウェブデザインやグラフィッグについて学びたい!

 ⇒ウェブサイト製作、グラフィックデザイン、コンピューターグラフィックス製作

情報リテラシーについて学びたい!

 ⇒情報リテラシー、サイバーセキュリティーの技術の学習

ITマイスターの認定(平成30年3月31日現在)

○職種別

職種別 IT ネットワーク システム管理 オフィスソフトウェア
ソリューション
ロボットソフト組込
人数 1 2 2
Page Top