ホーム > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験

能力評価試験

コンピュータサービス技能評価試験

コンピュータを用いてデータ処理を行う人の操作に関する能力や技能を一定水準により認定する試験です。 ワープロ部門、表計算部門、データベース部門、オフィスドキュメント部門(いずれも1級~3級)、情報セキュリティ部門があり、合格者には「技士」の称号が与えられます。

詳しくは、中央職業能力開発協会のホームページから

Page Top